MRの転職において注意すべきこと

MRの転職において注意すべきこと

MRとして転職を果たす前に、しっかりやっておかなくては困ることや、意外と見落としがちなことについてあらかじめきちんと考えておくことで、ありがちなミスややってしまいがちなケアレスミスをなくし、最高の結果をえられるようにしておきたいものですよね。

たとえば、今現在勤めていて、これから退職しようと考えている職場を円満に退社できるかどうか?

これは意外と大切なことです。

繁忙期などと重なってしまわないように、可能な限り早い段階で直属の上司には伝えるようにしましょう。

遅くても1か月、理想としては3か月まえには告げておくことは責任ある社会人として当然のマナーだと言えます。

また、就業規則でかならずそういった退職時のルールに関しての記載があれば調べておくことも大切です。

現状に対する不満からの退職ではなく、あなたのMRとしてのスキルアップやキャリアアップを目的としているというような、前向きな理由であることはちゃんと伝えましょう。

MRという仕事に限った話ではありませんが、退職となるわけですから退職金や失業給付金などの手続きについてもしっかりと行っておきましょう。

また、いざ退職となれば消費していなかった年時給…有給休暇についてもきちんと処理しておくことが大切です。

また、社会保険についても有給休暇を消化しきってからの返却方法などについても、あらかじめしっかりと確認しておくことが大切です。

経験豊富なMRであろうとそうでなかろうと、社会人として最低限のマナーをきっちりとまもり、飛ぶ鳥あとを濁さずとしていればそれだけで個人の評価は全く違ったものになります。

しかも、経験豊かな人材であればそうした評価は同じ業界ですからことさら響く可能性は十分にあるわけです。

そうした状況下にありながら、ずさんな転職の方法をえらぶメリットはどこにもありません。

どのような人からも祝福され、期待されるような方法こそが最善の策であることはそのような理由があるのです。